◆会社概要 ◆求人情報 ◆お問い合わせ ◆マスコミ履歴
TOPへ 営業案内 申込書ダウンロード 検査Web申込
 



皆様の大切なお住まいを、
永く安心して暮らしていただけるものにするため、
公平・中立な第三者による
調査・検査・保証のご案内です
 

かし担保責任保険取次ぎ
   
 
かし担保責任の履行の確保
 (かし担保履行法) 住宅かし担保履行法は、事業者のかし担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険の加入または供託)の義務付け等を定めています。新築住宅を供給する事業者は、住宅の中でも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の、かしに対する10年間のかし担保責任を負っています。その部分を建築途中に検査を行い、保険法人に報告、かし保険の取り次ぐ業務を行っております。
取り次ぐ保険法人先は、鞄本住宅保証検査機構
 
既存住宅検査機関
   

既存住宅流通活性化等事業 (環境・リフォーム推進事業)
 住宅ストックの品質向上及び既存住宅の流通活性化を図るため、既存住宅の流通やリフォームに際して、住宅かし担保責任保険法人による検査、履歴情報の登録又は蓄積、かし保険への加入等を行う事業について、リフォーム工事費用等の一部を助成するものです。その中古住宅の流通が個人間の場合には(不動産会社は仲介)、保険保人に登録された既存住宅検査機関による検査が必須となります。
鞄本住宅保証検査機構、既存住宅検査機関【東北地域第1号】登録
 
地盤解析再診断
   

セカンドオピニオン (第2の意見・無料サービス)
 新築戸建住宅の為の地盤改良工事費用は、一般的に5〜10%程度と言われております。しかしながら、過剰な地盤改良工事がかなり多い事は、問題視されつつあります。そこで、第2の意見を取り入れる再解析で地盤改良工事は不要と判定される場合があるのです。結果的に建築主様は費用負担を低減される事になります。また、地盤改良工事が減るということは、CO2削減や、産業廃棄物の削減など環境への貢献にもつながります。
地盤保証会社の意見も異なり、当社では4機関で対応しております。


リフォームしたい!
でも家の傷み具合は?
 
中古住宅を購入後
リフォームしたい!
 
わが家は地震に
耐えられるの?
   
リフォームを検討中の方にとっては、 リフォームの前に全体の検査を受けることで、適切で安心なリフォーム ができます。 既存住宅の購入や売却をご検討の方にとっては、第3者機関の検査は、売主様・買主様ともに安心と納得の取引ができます。 いろいろなハイテク機器による検査は、見えない部分の状態がはっきりと見えて、合理的で経済的な適切な処置ができます。

検査項目一例  
赤外線熱画像装置 
ファイバースコープ
レーザーレベル水準測量
シュミットハンマー
鉄筋探査機
木材探知器
木材含水率計
雨漏れ、筋交の有無、壁の中の断熱状況調査
床下、天井、壁内部の調査
床・壁の傾き
基礎コンクリートの強度
基礎コンクリート内部の鉄筋の有無や間隔
壁の中の筋交の有無
木材の劣化調査   その他、必要に応じて対応いたします。


 





 
関東大震災
地盤と建物の相性
被害状況 下町 山の手
木造建築物 10〜30% 1%前後
土 蔵 5%以下 5〜20%
共振が建物を破壊する
 関東大震災の時、民家や蔵は大被害を受けたが、下町と山の手では被害状況は大きく異なっていた。下町では木造建築の被害が多く土蔵はわずか。これに対し、山の手では木造建築は少なく土蔵の多くが壊れた。これは、地盤の軟らかい下町では地盤がゆっくり揺れて、木造建築が共振を起こしやすく、地盤の固い山の手では地盤が小刻みに揺れて、土蔵のようながっちりとした建物が地盤と共振して、壊れたためと考えられている。地盤は地震によって大きく震動する周期と震動しない周期が混在しており、これを地盤の「応答特性」と呼んでします。また、建物も地盤と全く同じように「応答特性」をもっており、地震の発生により両者の特性が重なり合い「共振」現象を起こし、建物は何倍にも増幅されて振動し、被害を一層大きくしたものと分析されています。現在の住宅は、殆どが地震対策として剛構造となっています。しかし、例え剛構造であっても、地盤と組み合わさった場合、必ずしも地震に強いとは言い切れません。地盤調査で「応答特性」を把握し、「共振」に留意した設計も肝要です。
固有周期
 建物を揺らした時、おのずと生じる振動の周期。建物ごとに固有周期を持ち、それに合った 周期の波を持った地震がくれば、建物は共振を起こして、建物の揺れはだんだん大きくなる。 逆に固有周期に合わなければ、共振は生じない。軟弱な地盤の周期は1〜2秒程度、堅固な地盤 ほど周期は短くなる。つまり、共振を断ち切る設計として、小刻みに揺れる固い地盤の上には 柔軟な建物、逆にゆったりとした大きな揺れを引き起こす軟らかい地盤には、小さく小刻みに 揺れる堅牢な建物を建てれば比較的地震に強くなる。